CCクリームとBBクリームは何が違うの?使い分けの方法は?

 

CCクリームは、Care(ケア)してControl(コントロール)してくれるクリームのことです。肌の色ムラを補正してキメと整え、毛穴や小じわを光拡散機能でカバーしてくれます。下地やコントロールカラーとしての機能があります。

 

BBクリームのBBは、blemish balm(ブレミッシュ バルム)の略で、痛んだ肌を修復するという意味があります。肌の炎症を抑えたり、赤みをカバーできます。日焼け止め、下地、ファンデーション、コンシーラーといった多機能性があります。

 

CCクリームは、下地やコンシーラーといった働きなので、これ1つでメイクを完了させるものでもありません。カバー力はありませんが、肌を美しく見せる効果があるので、メイクの仕上がりをワンランク上げてくれます。ただ、軽い仕上がりなのですっぴんメイクには最適です。肌へのトリートメント効果を高めたい、ワントーン明るい肌を作りたい、艶のある肌を作りたいといった時にお勧めです。

 

その点、BBクリームは、ファンデーション機能があるのでカバー力が高く、しっかりメイクを完成させることができます。コンシーラーのようなカバー力が欲しい、気になる部分をしっかり隠したい、しっかりメイクをしつつも肌へのケアをしたいといった時にお勧めです。

 

CCクリームの使い方としては、スキンケアをした後に使用します。日焼け止めを使う時は、スキンケア後日焼け止めを塗ってからCCクリームを使います。CCクリームで肌の補正をした後、BBクリームもしくはファンデーションを使います。ファンデーション前にCCクリームを使うことによって、キレイなベースメイクが仕上がるだけでなく、メイクを長持ちさせて崩れを防ぐ効果も期待できます。

 

すっぴんメイクにCCクリームを塗ることによって、ツヤと透明感のあるナチュラルな肌に仕上げることができます。さらに、CCクリームを塗った上にBBクリームを使用すれば、フォーマル感がある、しっかりメイクに仕上がります。
ccクリーム12

 

CCクリームの人気のヒミツについて

 

BBクリーム人気の後にCCクリームが発売されて、
CCクリームという名前を最初聞いた時は「なんのこっちゃ!?」って思わずにはいられませんでした。
だって、Bの後はC??と。アルファベットの順番的に「なんて単純な・・・」って。思いますよね。

 

そんなBBクリームの進化版とも言われているCCクリーム、
BBクリームとの大きな違いは「仕上がり」にあります。

 

BBクリームは、肌の欠点をカバーする「カバー力」を持つのに対して、
CCクリームは、肌の欠点を隠すのではなく「カモフラージュ」する・・・そんな仕上がりです。

つまり、美容液に色補正効果(肌全体をトーンアップする効果)を加えたものが、CCクリームなのです。

 

なので、CCクリームは化粧下地としての効果も優秀ですし、
CCクリームのみで「すっぴん風メイク」を楽しむことも可能です。

 

ということで、実際にCCクリームを使ってみました。
たかの友梨エステファクトCCクリームです。
ccクリーム13
薄くのばすだけで、肌のトーンが整うのを感じました。
肌は一日乾燥することもなく、かといって崩れることもなく・・・
濃くも薄くもない、不思議な仕上がりです。

 

濃いシミなんかは、正直言って全然カバーできてはいないのに”目立たなく”なるから不思議です。
すっぴんの時と比べて肌のランクが格段にアップします。なのに自然。

 

光で肌のアラを目立たなくする、そんなメイク効果とスキンケア効果があわさったクリームなので、
つけているだけで「肌にいい」、安心感があります。

 

SPF値も高い(SPF50 PA++++)ので、日焼け止めとしての効果も期待できます。

 

現代女性が求める、「簡単」・「きれい」・「スキンケア効果」。
それらを全てあわせもっているのがこのCCクリームなんだな、と感じずにはいられませんでした。

 

つけているほうが肌にいい、そんなCCクリーム、
使い続けるうちに「美肌」に近付ける、人気の秘密はそこにあるんだなと思いました。