CCクリームのHow to※肌に合わないと感じたら?塗る順番は?

 

CCクリームの評判を見聞きし、使ってみたけれど、イマイチシックリいかないと感じている方必見!正しい使い方&選び方をすれば、きっと手放せないアイテムになるはず♪失敗から学んだ私の経験をもとに、CCクリームの使い方、選び方をお教えします。
ccクリーム1

 

 

@ CCクリームの基本☆CCクリームを塗る順番

 

簡単すっぴん風メイクのため、また紫外線対策として、CCクリーム1本ですべてのお手入れを完了させている人もいれば、美容成分がたっぷり入った物が多くことや汗や皮脂にも強いことからしっかりメイクしたい時の化粧下地として使っている!という人などいろいろといると思います。

 

ですが、評判がいいので試しに使ってみたけれど、「ちょっと違った」「思ったような仕上がりにならない」という人も少なからずいるのではないでしょうか?

 

そんな方のために、ここではCCクリームの基本である、クリームを塗る順番をお教えしますね!

 

CCクリームの使い方は、至って簡単!美容成分も豊富に含まれているものが多いので洗顔後の肌に、CCクリームごとに推奨されている適量を手に取り出し、顔の中央から外側に向けて均一にのばしていくだけでOKです。

 

これだけで、下地としてOK。UVケアクリームとしてOK。また、すっぴん風メイクも完成するはずです。

 

ですが、これは、健康な肌の方の場合!私のように乾燥性敏感肌の人などにはいくら美容成分が入っているからといって、CCクリームに配合されている保湿成分だけでは物足りないかもしれません。

 

ちなみに、メーカー(ブランド)によって配合成分などに違いがありますが、「化粧下地」「コントロールカラー」という趣旨のもと作られているCCクリームの場合、美容成分の配合量が少なめなことが多いので、チェックしてみて「少し足りないかも?」と思ったら、やはりいつものスキンケア用品を使ってから、CCクリームを塗ったほうが良いでしょう。

 

それから、CCクリームは化粧下地+コントロールカラーで肌の色ムラを整えてナチュラルに仕上げてくれる&光と目の錯覚により肌を綺麗に見せてくれますが、カバー力はそれほどありません。

 

ですから、濃く大きなシミやそばかすなどを全て隠してくれるほどのカバー力はありませんので、コンシーラーと併用する、もしくは気になる部分にCCクリームを重ね付けするなど、少々の工夫と手間は必要です。
ccクリーム2
さらに、しっかりメイクしたい時には、CCクリームを塗ってから、リキッドファンデーションやBBクリーム、パウダーファンデーションなどを塗ると、綺麗に仕上げることができます。

 

ここまで読んで、CCクリームは時短メイク!1本あれば全て完了できると思っていたのに、全然時短じゃないのね?!と思う人もいるかもしれませんが(苦笑)このように、目的&肌質にあわせ順番に塗っていけば、きっと理想通りの仕上がりになるはずです。

 

それに、ひと手間加えるだけでお肌の調子、ノリ、持続時間もかなり違ってきますよ。「思っていたのとちょっと違うかも?」とドレッサーの奥底にしまってしまったCCクリームがある人は、是非試してみてくださいね。

 

 

 

 

A CCクリームと相性が良いのはパウダーファンデーション?リキッド?お粉?

 

綺麗にメイクするためにはベースは肝心!しっかりメイクしたい時もCCクリームを下地として使って肌を整え&色ムラのないベースを作れば、仕上がりは綺麗なはず!完成度の高い美肌を作れるのでは?

 

でも、ひと言にファンデーションといっても、パウダーファンデーションもあれば、リキッドファンデーションもあるし、仕上げにお粉を使っている!って人もいるみたいだけどCCクリームと相性が良いのはどれなの?どれを使えば一番綺麗に仕上がるの?と迷っている人もいるのではないでしょうか?

 

私も、初めは同じように迷いました!そこで全て試してみた結果をお伝えしたいと思います。
ccクリーム3

まず、美肌メイクには、パウダーファンデーションが一番!という情報をキャッチしていたので、試してみました!

いつもの癖で、いつも通りの量をスポンジにつけ、そのまま塗ってしまったら、ちょっとボテッとした感じになってしまいましたが・・・これは量の問題かも?と翌日いつもより少な目の量をスポンジにつけ、さっとひと塗りしたら、アラ綺麗(苦笑)

 

パウダーファンデーションを使う場合は、量の加減が必要なようです!

 

パウダーファンデーションでしっかり仕上げる、といってもCCクリームを塗っていない時と同じ量をつけてしまうと、厚塗りになってしまいますし、折角肌を綺麗に見せてくれるCCクリーム効果もパウダーファンデーションで塗りつぶしてしまうことになるので、注意しましょう(笑)

 

 

続いて、リキッドタイプのファンデーション(口コミなどを見てみるとBBクリームを使っている人が多かったので私もBBクリームを使ってみました)。

塗った時は、とっても綺麗!マットな感じに仕上がり私好みでした。ですが、CCクリームにもBBクリームにも油分が含まれているため、時間の経過とともに少し、テカリが・・・そして、そのうち化粧も崩れてきてしまいました(泣)。まっ、この時は、応急処置として、CCクリームを塗って誤魔化したのですが、帰宅後、調べてみたら、リキッドタイプのファンデーションを塗った場合は、仕上げにお粉(フェイスパウダー)を使うと、化粧崩れしにくい!ということがわかったので翌日実践してみました。すると、確かに前日のようにテカったり、化粧崩れせず夕方までもちました。それに、リキッドタイプのファンデーションだけをうえから塗った時よりも、仕上がりが綺麗でした。

 

それから、CCクリームを塗った後にお粉だけ塗る!というのも試してみました!

お粉だけだと、しっかりメイク!にはなりませんでしたが、とっても自然で素肌っぽい、いわゆる「すっぴん風メイク」になります。これはこれで、なかなかいい感じです。

 

以上のことから、私は、パウダーファンデーションもリキッドファンデーションもお粉もCCクリームとの相性は悪くない!良いと思います。

 

問題は、塗り方とプラスワンするかしないか!の違い、あとは完成した状態の好みの問題だと思います。

 

 

 

BCCクリームが肌に合わない・なじまない時は… これが理由かも?

ccクリーム4
CCクリームを使ってみたけれど、肌に合わない・なじまないと感じている方はいませんか?

 

実は私も、やっと3本目でシックリいくCCクリームに出会えました!

 

CCクリームが肌に合わない・なじまないと感じる理由としては、CCクリームによって配合されている成分も違えばテクスチャーや肌なじみ、使用感も違う、と言うこともあると思います。また、例えば、脂性の人が水分の多めのものを選んだ場合、ヨレたり化粧崩れしやすいなど、肌質との相性もあると思います。

 

でも、一番の理由は自分の肌に合う色合いであるかどうか?ということではないでしょうか?

 

私の場合、1本目、2本目の時は、肌馴染みが悪い訳でもなければ、すぐに化粧崩れしてしまう、ということもなかったのですがなんだか、シックリいかない、と思ったんです。で、何が悪いんだろう〜と1本目と2本目を顔の半分ずつ塗って比べてみたときに、わかったんです。

 

色が合っていない!ということが・・・。

 

そもそもCCクリームは、カバー力を求める物ではなく、光の反射と目の錯覚を利用して肌を美しく見せてくれる、つまりカモフラージュしてくれるものですから、美しく見せるためには、肌色となじむ色!を使わなければ期待する効果を得ることは出来ない、ってことなんですよね。

 

と、いっても真っ黒に日焼けしている肌に、真っ白なCCクリームを使った!なんてことではないんですけどね(苦笑)。

 

やっぱり、肌色に近いお色を使わなきゃ、綺麗にお肌を見せることはできないんですね・・・。

 

と、いうことでCCクリームが肌に合わない・なじまない理由がわかったところで、ドラッグストアーに駆け込み、色をチェック!

 

どんな色合いのものが、合うのか確認してきました♪
でも、買いませんでした・・・何故って?

 

まだ、中途半端に2本残っているからではありません。だって、通販で買ったほうが安いから!!(ドラッグストアーさんごめんなさい)

 

で、目星をつけたCCクリームを早速ネットでチェックし、公式ホームページから購入!!

 

ちなみに、大手通販サイトでもCCクリームの取り扱いはたくさんありますが、やっぱり(一部例外もあるかもしれませんが・・・)公式ホームページからの購入が一番お得みたい!(全額返金保証がついていたり、プレゼントがついていたり、初回購入者限定特別価格で購入できるなど)

 

話しがちょっとずれてしまいましたが、CCクリームが肌に合わない・なじまない!と感じている人は、肌色と合っているか確認してみてください。

 

色を確認する際に、手の甲やホッペにつけてみる人もいるようですが、シックリいく色を見つけるためには、フェイスライン(耳の下〜顎)に塗って浮かないか?チェックするのが一番手っ取り早いと思いますよ!

 

 

 

CCのクリームってなに?すぐワカルCCクリームガイド

 

美容大国の韓国でブームとなり、その後、日本でも人気を博した(今でも人気ですが)BBクリーム。
ccクリーム10
そして、BBクリームの進化版として近年人気が高まっているCCクリーム!美容液、化粧下地、ファンデーション、コンシーラ、日焼け止めの機能など1本で何役もこなしてくれるオールインワンファンデーションBBクリームのさらにうえいくCCクリームとは?どんな機能を持ち合わせ、どんな効果を期待できるの?と、気になっている方も多いのではないでしょうか?

 

私も、使ってみたいけど、いったいどんな感じ?BBクリームよりいい?いいって何が??と思った口ですが、なんだか人に聞くのもね〜といろいろと調べてみました!

 

そして、CCクリームデビューを果たしました!

 

私が、CCクリームデビューにあたり、調べたこと、そして実際に使ってみた感想も交えて、CCクリームについて解説していきます♪これから、CCクリームデビューを考えている方は参考にしてみてくださいね。

 

 

 

@ CCクリームとBBクリームの特徴の違いとは?

 

CCクリームもBBクリームもスキンケア効果とメイクアップ効果を両立させたクリーム、という点では、同じですが、誕生したプロセスも異なれば特徴も違います。ひと言で言うなら、CCクリームはスキンケア効果が高く、光拡散効果を利用して肌の色ムラなどをカモフラージュしてくれるクリーム。BBクリームは、カッバー力に重きが置かれたクリームです。

 

では、それぞれの特徴を細かく見ていきましょう。

 

〜CCクリームの特徴〜

ccクリーム6
CCクリームは、BBクリーム人気をもとに、化粧品メーカーが独自に開発したクリームで、BBクリームのように正式名称がある訳ではなく、Color Control Cream(カラー コントロール クリーム)、Complete Corection Cream(コンプリート コレクション クリーム)などメーカーによって名称も異なれば、特徴も異なります。

 

ただし「色補正により肌の欠点をカモフラージュ」することに重きを置いて開発されていることと「BBクリームよりもナチュラルな仕上がり」になるよう作られているクリーム」という点は共通しています。また、BBクリームとは違って、そもそも美容を目的として作られたクリーム・薄付きでも肌を美しく整える「化粧下地」で、美容成分の配合量も多くスキンケア効果も高いです。

 

メーカーによって定義も違えば、配合成分などもそれぞれ違いますが、ナチュラルメイクしながら素肌を美しくケアできる化粧下地+ファンデーションという、他にはちょっとない特徴があります。良くある質問では、毛穴 化粧水や乾燥肌 化粧水、保湿クリームとの併用ですが、こういった化粧品などとの併用は一切問題ないようです!

 

 

〜BBクリームの特徴〜

ccクリーム5
BBクリームとは、もともとドイツの皮膚科医が、美容施術後の肌の炎症を抑えながら赤みを隠したり、肌を紫外線などの外部刺激から保護するため、傷跡をカバーするため、また、傷ついた肌の再生を促進させるために開発したファンデーションで、BBクリームのBBは、Blemish Balmの略称であり、ブレミッシュ(欠点・傷)を補うクリームということからこの名がつけられたそうです。

 

その後、化粧品メーカーがBBクリームの機能性や再生機能、カバー力に注目し、メイク用品として開発が進み今日の形になったようですが、「BBクリーム」という呼称はそのまま使っていますし、肌の欠点をしっかりカバーする点に重きを置いているファンデーションであることも今なお変わりなく、BBクリーム最大の特徴といえるでしょう。

 

 

 

A 夢じゃない!薄づきのCCクリームで憧れの「すっぴん美人」を目指せ!

 

しみ、そばかす、ニキビ(ニキビ跡)、毛穴、小じわ、色ムラ・・・など、なんらかの肌トラブルを抱えている人って多いですよね。出来れば、メイクなんてしないですっぴんでいられたら、どんなにいいだろう!と思っている人も多いのでは?

 

また、今流行のすっぴん風メイクに挑戦したいけれど、欠点をカバーしようと思うとどうしても厚塗り!塗ってます感が出ちゃって駄目〜!って人もいるのではないでしょうか?

 

実は、私もそのうちの一人だったんです。ですから、CCクリームのことを調べ始めた時は、BBクリームよりもカバー力に欠ける?!というか「光や目の錯覚を利用して肌を綺麗に見せるなんて無理!私には向いていないんじゃないか?」って思ったんですよね。

 

でも、実際にCCクリームを使っている人のクチコミや体験談を見てみると、
ccクリーム7

・マットに仕上げるためのパウダーが入っているBBクリームとは全く違う感触&仕上がり!肌が綺麗になった錯覚を覚えてしまいます

 

・時短!すっぴん風メイクはこれ1本で決まり!

 

・ひと塗りするだけで色ムラやくすみがカバーされ、キメまで整ったように!さらに透明感もアップこんなの初めて

 

・いつも、毛穴や小じわを隠すためにアレコレつけていたけど、そんな努力は時間とお金の無駄だったみたい。恐るべし光拡散パワー。

 

・しっかりメイクしたい時はファンデーションやフェイスパウダーなどを重ねるけど、すっぴん風メイクならこれだけでOK!綺麗な肌を演出してくれます♪

 

・まるですっぴんのような仕上がり!なのにUVカット効果も高い優れもの

 

など評判は上々で、もしかして本当にCCクリームですっぴん風メイクも夢じゃない!薄づきのCCクリームで憧れの「すっぴん美人」を目指せるかも?もし、すっぴん風メイクに失敗したとしても下地として使えばいいか?!と物は試しとばかりに挑戦してみることに!!

 

すると・・・あら簡単!あっという間に「すっぴん風メイク」完成!
しかも、いつも一生懸命隠していたそばかすまで目立たず、肌自体が綺麗になった感じ(苦笑)

 

CCクリームって肌をワントーン明るくしてくれるって、どこかに書いてあったので(苦笑)、もしかしたら余計そばかすが目立ってしまうかも?という不安も少しありましたが、そんな心配全然要らなかったようです。

 

すごく自然な仕上がりに大満足♪

 

これなら、憧れのすっぴん美人も夢じゃない!誰でも簡単に「すっぴん美人」を目指すことができると思います!次は貴女の肌で試してみませんか?

 

 

B CCクリームの人気の理由「汗や脂に強いの?」

ccクリーム8

・薄付きなのに色補正により肌の欠点をカモフラージュすることができる
・簡単にすっぴん風メイクができる!
・スキンケアからUVケアまで1本で完了

 

などなど、CCクリームは実に魅力的なアイテムですが、手軽&便利なだけに効果持続時間に不安がある。

 

リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションって油分が多く、崩れやすいけど、CCクリームはどうなの?汗や脂に強いの?

 

UVケアとして日常使いしたいけれど、汗や皮脂の分泌が盛んになる夏には無理なのかな?なんて心配されている方もいるかもしれませんが・・・

 

私が、使ってみたところ真夏でも大丈夫!化粧直しの手間が省けるようになりました(苦笑)

 

実は、CCクリームと出会うまでは化粧崩れしやすく、真夏でなくてもヨレたり、脂浮きしたりで化粧直し必須だった私ですが、CCクリームは汗にも皮脂にも強く(メーカーにより多少の違いはあるかもしれませんが)夕方まで、つけた状態がほぼキープされているので、化粧直しの習慣がなくなり、ランチタイムを思いっきり楽しむことができるようになったんです♪

 

ちなみに、お仕事帰りに飲み会!って時も、CCクリームを使い始めるまでは、キレイに仕上げるためには、一旦メイクオフしてから、メイクしなおさなきゃいけなかったけど、今は、汗や脂でヨレたり崩れたり、ファンデーションの間に脂の膜ができていたり、部分的にはがれているなんてこともないから、バッチリ決めたい時でも上から、BBクリームやファンデーションをサッと塗るだけでOK♪♪とってもラクだし、しかも綺麗!

 

ただし、だからといってCCクリームにも全く油分が入っていない訳ではもちろんありません。ですから私は、CCクリームを塗り終わったあとに、クリームを肌に馴染ませると同時に余計な油分を吸い取るために、清潔なスポンジを使ってポンポン!と顔全体を抑えるようにしています。汗や脂によるヨレや化粧崩れが気になる方は参考にしてみてくださいね。

 

 

C愛用者50人に取ったアンケート!CCクリームを使うシチュエーションで最も多いのは?

ccクリーム9
例 海に行くときの紫外線カット用として・ちょっと外にコンビニに行きたいとき etc)

 

 

CCクリームは、化粧水、乳液、美容液、日焼け止め、コンシーラー、コントロールカラー、化粧下地、ファンデーション・・・など1本で何役もこなしてくれるので時短メイクに最適!

 

肌を綺麗に見せてくれるだけでなく、つけている間しっかり保湿もしてくれる&スキンケア効果が持続してくれる!

 

簡単にすっぴん風メイク!ナチュラルメイクが完成するのが魅力!など利用されている方の声を聞いてみると評判は上々!重宝されている方が非常に多いことがわかると思いますが、ところで、みんなはどんな時に、CCクリームを使っているのでしょう?

 

もちろん、日常使いしている!という人もいると思いますが、ちょっと気になったので調べてみると・・・「愛用者50人に取ったアンケート!CCクリームを使うシチュエーションで最も多いのは? 」というアンケート結果を見つけることができたので、参考までにご紹介しておきますね。

 

 

ちょっと外に!近くのコンビニに行きたい時など、しっかりメイクするほどではないけど・・・という時

 

お家にいるけど洗濯物を干す時などの紫外線対策として

 

すっぴん風に仕上げたい時

 

海へ行ったり、スポーツをする時の汗&皮脂対策&紫外線カット用として

 

スキーやスノボなどで雪山に行くときの紫外線対策&化粧崩れ対策に

 

 

と、いうのが上位5位まででしたが、番外編として「お泊りの朝に!」という人も・・・確かにお泊りの朝はバッチリメイクよりもCCクリームを塗ったすっぴん風メイクのほうがいいかもしれませんね(苦笑)

 

 

さまざまなシチュエーションで活躍してくれるCCクリーム!ライフスタイルに合わせて上手に取り入れていくことで女子力アップも目指せるかも♪